目と舌の記録

見たり食べたり飲んだりした記録です。

「WORLD HAPPINESS 2017」に行ってきた。

今回は音楽の話です。
目と舌でなく、耳の記録ですね。

8月6日に葛西臨海公園「WORLD HAPPINESS 2017」に行ってきました。

「WORLD HAPPINESS」(以下ワーハピ)は、YMO高橋幸宏さんが主催する音楽フェスで、今年で10周年を迎えたそうです。
前から気になってたのですが、今年はなんと、女優の「のん」さんがゲストに来るということで、初めて参戦することにしました!

去年までは夢の島公園陸上競技場で行われていたのですが、2020年東京五輪の会場となるため、今回から葛西臨海公園にお引越ししてきたそうですね。

葛西臨海公園へ向かう。

自宅の亀有から葛西臨海公園は、バス一本で行くことができます。

亀有駅の南口から環七を経由して東京ディズニーリゾートへ向かう、その名も「シャトルセブン」という路線バスで210円。
鉄道で向かうと470円以上かかります。ありがたいですね。

f:id:hvp:20170809222603j:image

40分ほどで葛西臨海公園駅前に到着し、会場となる汐風の広場へ。
駅前のコンビニで買い溜めをしてる人がいましたが、リストバンドを付ければ出入り自由なので後で来ればいいかと思ったのですが、意外に会場が遠かったので、後で少し後悔…。

f:id:hvp:20170809222625j:image

会場で準備。

会場に着くと、チケットと引き換えに、リストバンドレジャーシートが配られます。
他の音楽フェスと違って、芝生に場所取りをして、座りながらライブが観られるのです。
「親子チケット」などもあり、家族でハイキングのような雰囲気で楽しんでるお客さんもいました。

f:id:hvp:20170809222650j:image

靴を脱いで座れるので、その靴がドリンクホルダーとして使えます(笑)。

f:id:hvp:20170809223015j:image

場所取りをした後は、真っ先にグッズ販売へ。
列に並んでるうちに日照りが強くなってきました…熱い!!

開場〜炎天下の前半。

いよいよ開場。
オープニングアクト岡崎体育さん。皮肉の効いた面白い歌の人なのですが…、この炎天下の中では、少し楽しみづらい状況でした(笑)。

その後に、キュレーターの高橋幸宏さんといとうせいこうさんによる開会宣言。
8月6日ということで、平和を願い、一分間の黙祷を行いました。

開会後の1人目のアーティストはコトリンゴさん。
爽やかな歌声で涼を運んでくれました。
そしてスペシャルゲストにのんさんを迎え、「この世界の片隅に」の「悲しくてやりきれない」を(やや緊張しながら)デュエット。
その後、のんさんは不参加ですが、映画のエンディング曲の「たんぽぽ」も歌ってくれました。

続いて宮内優里さんがレフトステージで演奏。
ワーハピは、大きなメインステージと小さなレフトステージがあり、そこで交互にパフォーマンスを行うことで、ステージの準備などで時間が空くことなく、またステージ間を歩いて移動する必要がないシステムでした。こういうのは初めてでしたね。

オシャレなNulbarich、良い声で深い歌詞の関取花さんと続いて、いとうせいこうさん。
テレビやラジオではよく拝見しますが、ミュージシャンとしては初めてステージを観ました。ダブのバンドを率いて夏らしいグルーヴ、最後の方はゲストにスチャダラパー高木完さんを迎えて「今夜はブギー・バック」!

後半でさらに高まる。

14時過ぎになり日差しがピークになってきて、熱中症ぎみになって来てしまったので、ZOMBIE-CHANGさんのあたりで、木陰に避難…。
続いてのGLIM SPANKYは、往年のクラシックロックを彷彿とさせる硬派な音で、まさに野外ロックフェスの雰囲気!

続いては、みうらじゅんさん。「いつもなら、いとうさんと2人でスクリーンで画像見せるんですが、今日は歌います」スライドショーのことですね。
じゅんさんの歌も初めて生で聴くことができました。

続いて、10年ぶりくらいに観たくるりはメンバーも変わってて、イイ声の竹中直人清志郎さんのカバーなどを歌ってました。

そしてだんだん日は暮れて、やっと過ごしやすくなった頃に、電気グルーヴ
湧きに湧いたその後に、テイ・トウワさんのDJでチルアウト。

f:id:hvp:20170809222759j:image

トリはもちろん高橋幸宏さん。
THE BEATNIKSやMETA FIVEなど、メンバーを入れ替え、新旧織り交ぜた様々な曲を演奏しました。
でもやはり印象深いのは、再び登場したのんさんをゲストに迎えた、サディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにおねがい」
のんさんは歌詞に出てくる、ティラノサウルスをモチーフにした自作の衣装に身を包み、ポンパドールの髪型で、ヴォーカルとギターを担当しました。
木村カエラさんに続く、四代目ミカバンドの歌姫誕生の瞬間…!

最後は、いとうせいこうさんらを迎え「東京ブロンクス」でシメて、19時には終了。
他のフェスより終わりも早いですが、充実すぎた内容でした!

f:id:hvp:20170809232258j:image

のんさんの「オヒロメパック」。

自宅に帰り、物販で購入したこちらのグッズを開けます。
のんさんの歌手活動開始&音楽レーベル「KAIWA(RE)CORD」設立記念「オヒロメパック」。限定500部はめでたく完売。
まさかのカセットテープです。

f:id:hvp:20170809223126j:image

もちろん再生機は持ってないので、この日のためにAmazonで注文しておきました。


テープの中身は、のんさんMCによる架空のラジオ番組風トークやラジオドラマ、高橋幸宏さんや仲井戸麗市さんのインタビュー、そして「タイムマシンにおねがい」とRCサクセション「I LIKE YOU」のカバー2曲など、盛りだくさんの内容!
この「ガチャッ」とオートリバースする感じが懐かしいですねぇ。

f:id:hvp:20170809223255j:image

しかもちゃんと、楽曲だけはMP3のダウンロードコードも封入されていて、21世紀の機械でも聞けるようになってます(笑)。

ワーハピは来年もまた行きたいですし、のんさんの今後の活躍にも期待大です!

夏は浅草。

前回の記事からだいぶ間が空いてしまいました…。

先週の7月9日は、浅草を散策しました。
目的はふたつ、どじょう鍋を頂くことと、ほおずき市を覗くことです。

バスで浅草へ。

亀有から浅草は、時間によっては京成バス一本で行くことができます。
北千住経由で東武線を使って行くこともできるのですが、景色を楽しみたいので、往路のみバスで行くことに。
千住新橋を渡り、大きな団地のある白鬚橋を抜けて、浅草に向かいます。

浅草雷門の前に到着。
屋根の葺き替え工事中だそうでカバーがかかってますが、逆になかなか見れない光景ですね。

f:id:hvp:20170721131847j:image


「駒形どぜう」で、どじょう鍋。

「駒形どぜう」へ。
お昼時なので並んでますが、回転がよく、30分ほどで入れました。

f:id:hvp:20170721132205j:image

駒形どぜう

食べログ駒形どぜう


このお店は、1階のお座敷と2階のテーブル席があります。
お座敷は、横に置かれた一枚板に座布団を敷いて、あぐらをかいたりしながら座って食事します。雰囲気抜群ですね。

f:id:hvp:20170721132125j:image

「どぜう鍋」と、トッピングに「ささがきごぼう」を注文。

f:id:hvp:20170721131931j:image

横にある箱には、無料のネギと七味と山椒。あと割下のボトル。

f:id:hvp:20170721132014j:image

鍋にネギやごぼうを追加乗せて、割下を足しながら煮ていきます。
どじょうはすでに調理済みなのでいつでも食べられます。
どじょうを食べたりお酒を飲んだりしながら、ネギやごぼうの煮上がりを待つ感じのルーティン。

ここのどじょうは泥臭さが全く無く、お酒で柔らかくしてあるので、頭も骨もまるごと頂けます。

f:id:hvp:20170721132052j:image


仲見世から合羽橋へ。

どじょう鍋を頂いた後は、仲見世商店街へ。仲見世通りは人混みがすごいので、傍から入ります。

ついつい覗いてしまうマルベル堂。往年のスターの写真ばかりでなく、個人的にも懐かしい80年代の方々の写真もたくさんあります。

f:id:hvp:20170721132251j:image

何も買わないのもあれなので、店頭でなぜかマイケル・ジャクソンのステッカーが100円で売ってたので購入。どこかに貼ります。

f:id:hvp:20170721132325j:image


合羽橋商店街に移動。
七夕飾りがまだありました。

f:id:hvp:20170721132536j:image

合羽橋のシンボルといえば、交差点にある「ニイミ」のビルの上のデカい顔と、リアルでゴールデンな河童の河太郎。

 f:id:hvp:20170721132554j:image

f:id:hvp:20170721133633j:image

 

合羽橋「釜浅商店」というお店で、大阪府八尾市の「姫野作」というブランドの雪平鍋を購入しました。
独り暮らしを始めて14年ほど、ずっとテフロンのミルクパンでお湯を沸かしてたのですが、やはり時間がかかってしまいます。せっかくなので良いものをと。実際使ってみましたが、煮え方が全然違いますねぇ。

f:id:hvp:20170721134106j:image


浅草寺の「ほおずき市」へ。

六区にある「まるごとにっぽん」。ここは全国のアンテナショップが集う場所なのですが、4階テラスからの眺めがとても良いのです。
そういえばここって昔はヤクザ映画をよくやる映画館の跡地だった気がします。

f:id:hvp:20170721134206j:image

f:id:hvp:20170721134215j:image

 

浅草寺へ。夜のライトアップも綺麗ですね。

f:id:hvp:20170721134300j:image

f:id:hvp:20170721134318j:image

たくさんの出店がほおずきの花や鉢を売ってました。夜でも映えるオレンジで綺麗ですね。

f:id:hvp:20170721134332j:image

f:id:hvp:20170721134336j:image

f:id:hvp:20170721134348j:image

風鈴もありました。涼しげです。

f:id:hvp:20170721134358j:image

ほおずきは綺麗ですが、うちのベランダは風が強く、隣の洗濯物が飛んできて、育てていたバジルやプチトマトの鉢が倒れて全滅したことがあったので(泣)、今回は購入はせず、眺めるだけにしておきました。

最後は、神谷バーの販売コーナーで、「電気ブラン」をお土産に購入。

f:id:hvp:20170721134423j:image

神谷バー

食べログ神谷バー


浅草は何度来ても、探索し甲斐がありますね。

堀切菖蒲園で憩う。

6月は梅雨が憂鬱になりがちですが、この季節ならではの花を観に行く楽しみもありますね。
先日の6月11日は「堀切菖蒲園」に菖蒲を観に行きました。

堀切菖蒲園」で菖蒲鑑賞。

堀切菖蒲園は先日の立石と同じく京成線にあるのですが、やはりここはバスを使った方が便利です。亀有の自宅から、隣駅の綾瀬まで常磐線、そこから新小岩行きの路線バスに乗ります。

堀切菖蒲園駅」バス停で降り、そこから10分ちょっと歩きます。向かう途中の路地にも紫陽花が咲いていたりして、良い雰囲気です。

堀切菖蒲園の歴史は古く、歌川広重の「名所江戸百景」にも描かれてるそうです。

f:id:hvp:20170622135117j:image

f:id:hvp:20170622135131j:image

f:id:hvp:20170622135137j:image

いわゆる普通の公園よりもこじんまりしてますし、まわりに首都高やマンションが林立していて開放的ではないですが、花菖蒲は種類が豊富でたいへん見応えがあります。

 

哈爾濱餃子へ。

さて、菖蒲をじっくり鑑賞した後は、これからが本番(笑)。飲み歩き開始です。

まず1軒目は「哈爾濱(ハルビン)餃子」。

哈爾濱餃子

食べログ哈爾濱餃子

トマト水餃子と、中国白酒の景芝白乾(ケイシバイカン)。
餃子は皮が手作りで、モチモチして厚めで食べ応えがあり、その中からジューシーなトマトの汁が溢れてきます。

f:id:hvp:20170622135304j:imagef:id:hvp:20170622135305j:image

 

「きよし」でマグロブツ。

二軒目は「きよし」へ。

r.gnavi.co.jp


マグロブツが絶品です。

f:id:hvp:20170622140510j:image

つづいてアジフライ。鮮度バツグンです。

f:id:hvp:20170622140549j:image

あこう鯛の粕漬け。驚異の280円。

f:id:hvp:20170622140714j:image

イカスミ。イカスミで味付けしたアタリメ。甘くて美味しいです。

f:id:hvp:20170622140824j:image

このお店、どれも安くて美味しいのですが、少人数で切り盛りしてるせいか、フードの提供が滞りがちです。「ドリンクのみの受付となります」となる時もあります。
なので混雑しない時間帯に立ち寄りたいものですね。

f:id:hvp:20170622140853j:image

 

「小島屋」で焼酎ハイボール

つづいては「小島屋」へ。

www.hotpepper.jp
ここは焼酎ハイボールの元祖のお店だそうです。
元祖の由縁は、焼酎ハイボールに使われる「天羽の梅」を最初に取り扱ったお店だからだそうですね。
基本的に焼酎は苦手なので、あまり頼まないのですが、ここの焼酎ハイボールは喉越しがとにかく良いです。薄めですが炭酸が強く、3杯も頂いてしまいました。栃尾の油揚げと共に。

f:id:hvp:20170622141145j:image

f:id:hvp:20170622141226j:image

 

「タカノ」でシメ。

最後は中華屋「タカノ」でシメのラーメン。

タカノ

食べログタカノ


なんと350円!
昔懐かしい味でホッとします。
しかも24時間営業だそうです。

f:id:hvp:20170622141732j:image

f:id:hvp:20170622141820j:image

テレビの情報番組などの下町特集では、赤羽や立石などがよく取り上げられますが、この堀切菖蒲園もなかなか良い雰囲気です。
個人的「推し下町」のひとつです。

「みさきまぐろきっぷ」で三浦半島へ。

先日の6月3日は、京急の「みさきまぐろきっぷ」を使って、三浦半島に日帰り旅をしました。

品川から三崎口へ。

この「みさきまぐろきっぷ」は、

がセットになったもので、これ一枚あれば現地ではお財布も要らない(かもしれない)素晴らしいきっぷなのです。
品川駅発は3060円、横浜駅発は2960円です。
購入は、駅の窓口や券売機などで販売していて、売切れもありません。

f:id:hvp:20170612133925j:image 

品川駅までは普通にSuicaで移動して、京急の乗り換えの窓口できっぷ購入。
そこから快特三崎口ゆきで、約1時間ほどで到着します。

f:id:hvp:20170612133843j:image

三崎口駅からバスに乗り、三崎港へ。

「紀の代」というお寿司屋さんで「とろとろ丼」を注文。

紀の代

食べログ紀の代


まぐろヅケ、ビントロ、まぐろユッケ、ねぎトロが一堂に会した贅沢な丼です。本来は1880円するそうです。

f:id:hvp:20170612140409j:image

f:id:hvp:20170612140430j:image

京急油壺マリンパーク」に初訪問。

三崎港からバスで京急油壺マリンパークへ。
ここは小さい頃からよくCMをやっていて、油壺というヌルッとした地名と水族館の違和感が記憶に残ってるのですが、千葉出身なので葛西のほうが馴染みがありました。
なので初訪問。アミューズメント型の水族館の草分け的な歴史があるんですねぇ。

f:id:hvp:20170613134216j:image

まずは水族館。やや小さめながら、種類はなかなか充実してました。

ウツボ。コワモテですね。

f:id:hvp:20170612205312j:image

コバンザメ。写真が回転してるのではなく、壁に張り付いてます(笑)。

f:id:hvp:20170612205731j:image

タカアシガニ

f:id:hvp:20170612232228j:image

クエ。食べたことはありますが初めて見ました。

f:id:hvp:20170612210047j:image
「ファンタジアム」という屋内施設ではイルカショーをやってました。

f:id:hvp:20170612210252j:image

f:id:hvp:20170613134550j:image
カワウソのスペースへ。
この油壺マリンパークは、数年前に「カワウソとの握手会」(という名のエサやり)ができる場所と、ネットなどで話題になったことがありましたね。(1000円か…)

f:id:hvp:20170612233036j:image

f:id:hvp:20170613134140j:image

f:id:hvp:20170612232624j:image


夕映えの城ヶ島

油壺マリンパークを楽しんだ後は、またバスに乗り、三浦半島の最南端、城ヶ島へ。
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星が付いたスポットだそうです。

まずは西側の城ヶ島灯台

f:id:hvp:20170612232801j:image

f:id:hvp:20170612232939j:image

最後は東側の安房灯台夕映えに染まって幻想的でした。

f:id:hvp:20170612233654j:image

f:id:hvp:20170612233708j:image

景色を満喫した後は、バスで三崎口まで行き、そこから京急で品川まで帰りました。

以下が今回の旅費。

本来なら6800円掛かったのですが…
なんと、これらすべてが「みさきまぐろきっぷ」3060円の中に含まれているのです!!
バス乗り放題なのが特にありがたいです。
これ一枚で日帰り旅行を満喫できます。ぜひお試しあれ。

立石ではしご酒。

先々週某日は平日休みを頂いたので、お昼くらいまでは部屋の掃除や片付けをして、15時すぎごろから、葛飾区の立石に呑みに行きました。

いま住んでいる所はJR亀有駅の近くで、立石は京成押上線。電車で行くと非常に面倒ですが、実は駅前からバスが出ているのです。帰りのバスが早めなので、遅くまでは呑んでいられませんが、今日は時間も早いですし問題無しです。


「宇ち多゛(うちだ)」で絶品もつ焼き。

バスを降りて立石仲見世商店街へ。
立石といえばこの店。もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」。

宇ち多゛

食べログ宇ち多゛

とても美味しいお店なのですが、平日は20時ごろまで、土曜は午前中から行列、日曜はお休み、といったなかなか訪問しづらいお店です。
なのでほぼ2年ぶりの訪問。独特の注文方法も忘れてしまいました。

店内のメニューには「もつ焼き」としか書いておらず、何の種類があるのか、事前に予習しておかなければいけません。
また、味付け、焼き具合なども細かく選択肢があり、ラーメン二郎など比較にならないほどの高度な呪文が飛び交います。

f:id:hvp:20170605135759j:image

まずは「タン生」と、名物の焼酎の梅割りを注文。
生といっても本当の生ではなく茹でてありますのでご安心を。もっとレアなものが欲しい時は「赤い所」と頼むそうです。

f:id:hvp:20170605135717j:image

f:id:hvp:20170605135730j:image

続いて「レバ塩」「シロタレ」「テッポウ生」、梅割りお代わりを注文。テッポウは平日のみの希少部位だそうです。

f:id:hvp:20170605135830j:image

f:id:hvp:20170605135840j:image

f:id:hvp:20170605135849j:image

4皿とお酒2杯で1200円。
4度ほど訪問してますが、いまだに店員さんと常連さんの気迫に圧倒されてしまいます…。経験有るのみ。

「栄寿司」で立ち食い寿司。

続いては、向かいにある「栄寿司」へ。
ここは立ち食いのお寿司屋さんです。
ここは夕方早めには閉まってしまうようですが、この日は運が良いです。

栄寿司

食べログ栄寿司

f:id:hvp:20170605140127j:image

「にぎり盛り合わせ」1100円とビールを注文。
サーモン、しめ鯵、まぐろ、鯛、カンパチ、タコあたま、いわし、玉子、煮イカ、煮ホタテ。鮮度も良く、シャリもふんわりしていて美味しいです。

f:id:hvp:20170605140221j:image

f:id:hvp:20170605140233j:image
ちなみに今回はセットで1個ずつしたが、単品での注文は2個ずつ(メニューは1個の値段)で提供されます。

お飲み物はお茶とビールのみです。
お椀(アラ汁)も有りますが、この日は売り切れ。
日本酒と一緒に頂きたくも思ったのですが、立ち食い寿司ですから、長居は禁物ですね。


「蘭州」で水餃子。

最後は駅の反対側の「餃子の店 蘭州」へ。

r.gnavi.co.jp

まずは烏龍茶玉子、老龍口(ラオロンコウ)を注文。老龍口は中国の白酒(バイジュウ)です。
二つとも他にあまり無いので、ここに来るといつも注文して、餃子が出来上がるのを待ちます。

f:id:hvp:20170605140449j:image

f:id:hvp:20170605140538j:image

最後のメニューは、水餃子のパクチーのせ。
ここの水餃子は皮がしっかりとしていながらモチモチな食感で、自分の知る限り最高の水餃子です!

f:id:hvp:20170605140631j:image

僕が初めて食べたのは14年ほど前。それから年1〜2回ほどのペースで食べに来ています。
今も変わらない味。こういうお店がずっとあるといいですねぇ。

f:id:hvp:20170605140350j:image

猿島に行く。

ゴールデンウィークの5月5日は、猿島にバスツアーで行って来ました。
猿島は横須賀の沖にあり、かつて日本軍の施設があり、その要塞の跡が「天空の城ラピュタ」に出て来る風景のようだとネットで話題になっていて、前から気になっていました。

ツアーの申し込みをして、新宿からバスで現地に向かう。
「戦艦三笠」の保存してある公園から、フェリーに乗ります。

f:id:hvp:20170519102857j:image

f:id:hvp:20170519102933j:image

10分ほどで猿島に到着。

 

猿島無人島と聞いたのですが、砂浜でバーベキューなんかを楽しんでる人がいて、どこが無人島?と思ったのですが、電気が通ってないので人が定住したりすることができないそうです。そういう意味で無人島なんですね。

ガイドさんの説明を聞きながら島を歩く。

ここは兵隊が寝泊まりした施設だそうです。ツアーなので特別に中に入ることができました。

 

 

これはおトイレ。遺跡っぽいですね。

f:id:hvp:20170519104211j:image

トンネル。フランス積みのレンガが綺麗ですね。

f:id:hvp:20170523133139j:image

f:id:hvp:20170523133154j:image 

こういうツタがラピュタっぽいのでしょう。
冬の靄のかかる朝などに写真を撮ると、よりそれらしく写るそうです。

f:id:hvp:20170523133248j:image

f:id:hvp:20170523133302j:image 

こちらは「仮面ライダー」(初代)で、ゲルショッカーの基地の撮影に使われたそうです。

f:id:hvp:20170523133324j:image

やはりちゃんとガイドが付くと勉強になりますね。ゆっくり歩いても2時間ほどで島を一周出来ました。

 

帰りは八景島に立ち寄り、花火を鑑賞しました。
今のカメラは Sony の「α7 II」で、少々お高いながら今年の1月に気張って買ったのですが、オートで暗い所の撮影が簡単にできるということで撮ってみたら…、手持ちで三脚なしでこれだけ綺麗に撮れました!

f:id:hvp:20170523133645j:image

f:id:hvp:20170523133648j:image

f:id:hvp:20170523133652j:image
夏が待ち遠しいです(笑)。カメラのお話はまた今度。

藤とツツジ。

ゴールデンウィークはわりと毎年旅行に出ていたのですが、今年は散歩や日帰り旅行や飲み会に参加して過ごしていました。どこも高いですしね。

ということで、5月3日は都内散歩。亀戸天神の藤と、根津神社ツツジを見に行きました。

亀戸天神の藤。

自宅から千代田線で北千住まで行き、そこから東武伊勢崎線東武亀戸線で亀戸へ。

連休ですし、亀戸でお昼からビールなんてのもいいかしら、と思い、いつも行ってる「亀戸餃子」を覗いてみたら…恐ろしい行列!大袈裟ではなく100人くらいは並んでたと思います。最近は街ブラ番組などで取り上げられると大変ですね。

しかたがないので、メモしてた未訪問店へ。

亀戸餃子から少し歩いた所にある「くいのみ家 ふう」。

くいのみ家 ふう

食べログくいのみ家 ふう

話の面白い女性店主が1人でやっていて、店内もなぜかBGMが70〜80年代のアニソン(山本正之成分過多)。特撮ヒーローのフィギュアにプロレスのカレンダーと、独特で面白いお店です。

コロコロガイヤーン、ラムぽん、ルアモイ(ベトナムの酒)のソーダ割り、サッポロラガーを注文。

f:id:hvp:20170522145657j:image

f:id:hvp:20170522145710j:image

ここは羊肉料理とスパイス料理が売りだそうで、今回は早めに切り上げてしまいましたが、今度ゆっくり呑みたいです。

 

亀戸天神に移動。やはり人が多いです。

毎年来てますが、年々増えてるような…。

f:id:hvp:20170522145801j:image

f:id:hvp:20170522145830j:image

f:id:hvp:20170522145856j:image 

風が吹くとカーテンのように棚引いて、風情があります。

f:id:hvp:20170519203956j:image

昔はスカイツリーが無かったんですよね。

f:id:hvp:20170522145935j:image 

根津神社ツツジ

続いては根津に移動。実はバスでも行けるのですが、今回は時間が合わず電車で。

f:id:hvp:20170522150001j:image

根津神社へ。残念ながらツツジの見頃は過ぎてしまっていました。一番良い時期は黄色やオレンジ色のツツジも咲いていて、とても綺麗なんです。

f:id:hvp:20170522150029j:image

f:id:hvp:20170522150057j:image

 

千駄木「彬」でお魚。

季節の花を満喫した後は、少し歩いて千駄木の「彬」へ。中尾彬のアキラです。

お通しが豪華。

f:id:hvp:20170522150313j:image

まずは春名物の、石焼きホタルイカを注文。こんな鮮度の良いホタルイカ見た事ないです!

 f:id:hvp:20170522150140j:image

ワタもそのまま身と絡めて頂きます。

 f:id:hvp:20170522150201j:image

続いてはお刺身盛り合わせ。天狗鯛、鰤、インド鮪の赤身と大トロ。

それとお酒は鍋島の特別純米を二合。

 f:id:hvp:20170522150253j:image

お魚もお酒も美味しくて、オトナな飲み方ができる、良いお店でした。