目と舌の記録

見たり食べたり飲んだりした記録です。

草間彌生展「わが永遠の魂」を観た。

先月の4月30日、国立新美術館にて、草間彌生展「わが永遠の魂」を観に行ってきました。

f:id:hvp:20170510194819j:image

乃木坂駅を降りて、会場へと向かう道の木々の幹がすでに作品になっていました。こういうのいいですね。

f:id:hvp:20170510194758j:image

国立新美術館に到着。ゆるいカーブを描くガラス張りの建物は結構好きです。

f:id:hvp:20170510194937j:image

連作「わが永遠の魂」。

チケットは事前に購入してあるので、さっそく会場に入ると…

f:id:hvp:20170510195536j:image

大広間に、花をモチーフにした立体作品を中心に据え、四方の壁には連作の絵画「わが永遠の魂」の一部が展示されていました。

この部屋のみ写真撮影可能でした。

f:id:hvp:20170511105940j:imagef:id:hvp:20170511105332j:imagef:id:hvp:20170511105330j:image

鮮やかな色彩とプリミティブなタッチ。会場に来たお客さんは、それぞれが思い思いの自分の好きな作品を写真に撮って楽しんでいました。これが今のアートの楽しみ方なのかな、と。

初期作品から近年まで。

その大広間を抜けると、初期作品が展示されてました。

草間彌生さんは現在88歳、戦後まもなくの頃から創作活動を開始しており、初期の作品は、現在の作風とは打って変わって、おとなしめの作風ばかりです。日本画も有りました。

その後、ニューヨークに移住し、「ネットペインティング」という技法の絵画や、既製品を利用した立体作品、水玉のボディペインティングなどのハプニング芸術などで、前衛芸術家としての作風を確立してゆきます。

そこから日本帰国後は、おなじみのドットや南瓜などのモチーフを多用し、テーマも性や死などの壮大なものになってゆきます。

会場の外には、南瓜の作品。

f:id:hvp:20170511134527j:image

中も覗けますが、入ることはできません。

f:id:hvp:20170511134539j:image

草間彌生さんは恥ずかしながらいままで単体ずつしか作品を観た事がなかったのですが、今回の個展で順路をたどって鑑賞することで、次第に抽象性を高めていく経緯を知る事ができました。来週月曜までだそうですが、未見の方はぜひ。

土日で大阪(2日目)。

4月23日の大阪旅行2日目です。

前日の早起きと旅の疲れでけっこうのんびり寝てしまい、朝食バイキングを頂いて10:30頃にチェックアウト。

北大阪急行大阪モノレールを乗り継いで、万博記念公園へ。

万博記念公園でもタイムスリップ。

1970年の大阪万博の「テーマ館」のために作られた岡本太郎太陽の塔」。観るのは二度目ですが、何度観てもすごい迫力。

近くで見ると岩肌のようにザラッとしていて、古代文明の遺跡の様な風格です。

f:id:hvp:20170509104351j:image

つづいては「EXPO'70 パビリオン」へ。
博覧会当時は「鉄鋼館」として使われていた建物を、万博の記念館として利用した施設です。
2010年開館とのことで、前に訪れたのは2009年だったので、どうりで知らなかったはずです。

館内は大阪万博の貴重な資料やノベルティなどが展示されています。

 f:id:hvp:20170509105338j:imagef:id:hvp:20170509105456j:image

あのロゴの清刷り!

f:id:hvp:20170509104613j:image

「スペースシアター」という館内ホール。

f:id:hvp:20170509105128j:image

太陽の塔に囲まれた入り口。顔が暖簾になってます。

f:id:hvp:20170509105305j:image

暖簾を抜けると…「テーマ館」の模型や、展示されてたオブジェが!

f:id:hvp:20170509130321j:imagef:id:hvp:20170509130400j:image

係員さんの制服もありました。

f:id:hvp:20170509131055j:image

ミュージアムショップには、当時の本物のグッズの中古品が売られてました。そこで会場マップ柄の風呂敷をゲット(なんと千円)!何を包みましょうかね。

f:id:hvp:20170510114852j:image

国立民族学博物館で世界旅行気分。

つづいては「国立民族学博物館」へ。

こちらは世界各地・そして日本の様々な民族の、衣食住などの生活道具、楽器や祭りの道具などが展示されています。

 f:id:hvp:20170509132325j:imagef:id:hvp:20170509132358j:imagef:id:hvp:20170509132944j:imagef:id:hvp:20170509132439j:imagef:id:hvp:20170509132541j:image

もちろん日本もあります。

f:id:hvp:20170509132653j:imagef:id:hvp:20170509132706j:image

こけし一覧。

f:id:hvp:20170509132757j:image

もちろんアイヌも。沖縄もありました。

f:id:hvp:20170509132843j:image

様々なカテゴリーの中で異彩を放ってたのが「音楽」。偏りが凄くて、ギターがやたらと充実してて、ロックの名盤レコードも展示されてるのですが、管楽器はたしかチャルメラくらいしかなかったと思います(笑)。どなたかの個人的な趣味が働いてるのでしょうか…。

f:id:hvp:20170509133942j:imagef:id:hvp:20170509133306j:image

あまりに見応えがありすぎて、さらっと観るだけで3時間半も過ぎてしまいました…。

 

さいごはおでん。

気づけば17時。なのに昼食を摂っていません。万博記念公園が楽しすぎて(笑)。
博物館は早めに切り上げて、また呑み歩きたかったのですが、これから大阪市内に繰り出して、新幹線の時間までを逆算すると、ほぼ一軒くらいしか行けないかも。

大阪環状線の福島駅を降りて、「花くじら」へ。

花くじら 本店

食べログ花くじら 本店

大阪に来たのにおでん?と思われるかもしれませんが、おでんは地域の食文化を反映してるので、旅をするならおでんを食べ比べるのも面白いのだそうです。

そんな大阪のおでんを調べていて目に留まったのが、くじら。舌の「さえずり」や皮と皮下脂肪の「コロ」などがあるそうです。

18時に現地に着いたら10人ほどの行列。でも最後の食事ですし、待ちます。

15分ほどで案内され、くじらメニューを注文しようとしたところ、

「あ、それ今日は品切れです」

店名にくじら付いとんのに開店2時間足らずで品切れかい〜。

でもせっかくなので、他のおでんを頂きましょう。

春菊や旬、タケノコ、タコ、ネギ袋などを頼みました。春菊にはとろろと柚子がトッピングされてて大変美味しいです。タケノコも素材の美味しさが際立ってました。

f:id:hvp:20170509133532j:imagef:id:hvp:20170509133502j:imagef:id:hvp:20170509133552j:imagef:id:hvp:20170509133613j:image

関東のおでんよりも、お出汁が優しい味わいです。僕はずっと関東の育ちですが、おでんもうどんも関西の方が合ってるようで、あっさりしたものが食べられるのが羨ましいです(笑)。

新大阪に戻り、20:26発のひかりで東京に帰宅。通天閣も道頓堀も粉もんも無い大阪訪問でしたが、まだまだ訪れてない場所がいっぱいあります。さいなら大阪。

土日で大阪(1日目)。

まずは、ここ少し前の出来事から書いて行きたいと思います。

先月4月22日(土)〜23日(日)の1泊2日で、大阪を旅行しました。

新幹線で大阪へ

今回はJR東海ツアーズの「ぷらっと旅」という、往復新幹線とホテル宿泊がセットになったパックツアーを利用しました。

ぷらっとこだま」という、東海道新幹線で一番ゆったり移動する「こだま」を利用する格安プランから派生したツアーなのですが、プランに利用する新幹線はこだまだけではなく、ひかりやのぞみもあります。

なので、朝 7:10 東京駅発のぞみを選択。

f:id:hvp:20170507142411j:image

東海道新幹線はいつも山側(進行方向右側)の席を取って、富士山を楽しみにしてるのですが、前日の残業のためか寝落ちしてしまいました…。

9:40、新大阪着。ここで新幹線改札は出ますが、大阪市街地有効の切符なので、そのまま京都線環状線と乗り継ぎ、弁天町から地下鉄中央線で大阪港へ。

天保山に登る。

大阪港駅を降りて「天保山公園」へ。

天保山は江戸時代に大阪港の大工事で出た土砂でできた人口の山だそうです。かつては日本一低い山として全国的に有名だったそうですが、2014年に宮崎の日和山がさらに低い山に認定され、日本で2番目の山になってしまいました。

f:id:hvp:20170508134659j:image

登ってみる。やはり達成感も低いです(笑)。

f:id:hvp:20170508134934j:image

f:id:hvp:20170508134954j:image

海遊館で癒される。

続いては水族館「海遊館」に訪問。

f:id:hvp:20170508135321j:image

ここは大きな屋内水槽を螺旋上の通路を下っていく構成になっています。

f:id:hvp:20170508135438j:imagef:id:hvp:20170508135503j:imagef:id:hvp:20170508135545j:image

ジンベイザメのいる水槽へ。

沖縄の「美ら海水族館」に次ぐ大きさで、日本で2番目だそうです。これもまた(笑)。
「あんた、日本じゃ2番目だ」快傑ズバットの名ゼリフですね(笑)。

f:id:hvp:20170508140049j:image

クラゲ癒されます。

f:id:hvp:20170508140313j:image

京橋で昼呑み。

大阪港から京橋に移動。けっこう距離がありますが(笑)、お目当てのお店が日曜休みなので、この時間にねじ込み。

京橋駅近くの「とよ」に訪問。

居酒屋 とよ

食べログ居酒屋 とよ

お店というよりほぼ屋台。道路の反対側に20人くらい並んでます。

 f:id:hvp:20170508193755j:image

 ですが立ち飲み屋なので回転が早いです。

まぐろが美味しいお店だそうで「まぐろ赤身」と「ウニいくら」。1人だけなのでハーフにしてもらえました。豪快な盛り方で、味も絶品。

f:id:hvp:20170508194521j:image

それと、たくさんのお客さんが注文してて気になった「まぐろホホ肉の炙り」を、これまたハーフで。良い香りです。

f:id:hvp:20170508194846j:image

これらと日本酒常温で3000円ほど。お手頃ですし雰囲気も最高です。

このまま京橋でハシゴしたい気分ですが、なんばに移動します。

味園ユニバースでタイムスリップ。

なんばの駅近く、千日前エリアにランドマーク的な存在感で佇む、レトロな複合ビル「味園」の中にあるライブハウス「味園ユニバース」に訪問。

f:id:hvp:20170509103106j:image

ここはかつてキャバレーだった施設をライブハウスに改装したもので、ミュージシャンの EGO-WRAPPIN' さんが毎年年末に、関東では鶯谷東京キネマ倶楽部」、関西ではこちらで年末恒例ライブを行ってるということで知りました。

今回はその人達ではなく、アイドルグループの「Negicco」さんがこちらでライブを行うとのことで訪問しました。この人達については、今度じっくりお話ししますね。

関ジャニ∞渋谷すばるさん主演の、その名も「味園ユニバース」という映画もありました。事前に観ておきたかったのですが、借りられており、観れずじまいでした…。

ユニバースだからか、惑星のような形をしたキッチュな照明や、年季の入ったソファがそのまま客席として利用されてたり、まるで昭和にタイムスリップしてナイトライフに迷い込んだかの様な雰囲気の場所でした。

f:id:hvp:20170509103301j:imagef:id:hvp:20170509103739j:imagef:id:hvp:20170509103813j:imagef:id:hvp:20170509103401j:image

ライブ後は千日前界隈で呑み、御堂筋線で江坂のホテルへチェックイン。次回は2日目です。

はじめまして。

初めまして。タカシと申します。
東京都内在住で、web制作の仕事をしております。

歳は…のんびり暮らしていたら40歳になってしまいました。

以前は自分でサーバを借りて、WordPress を使ってブログを書いていたのですが、周りの知人しか読まれていないような気がしたので(泣)、別の環境で書いてみることにしました。

趣味は、食べ歩き、旅行、美術展・映画・ライブ鑑賞、ラジオを聴くことなどです。

食べ歩きは、カレーが好きなのと、安くて美味しい大衆酒場のようなお店に訪問するのが好きです。

旅行は、主に国内が多いです。ゆるい鉄道ファンなので、移動はほぼ鉄道、たまにバスです(まれに飛行機) 。
鉄道で行ける都道府県、つまり沖縄以外は全県踏破しました。

そんな中で、見たり食べたり飲んだりしたことを気軽に書いていこうと思います。
よろしくお願いします。