目と舌の記録

見たり食べたり飲んだりした記録です。

立石ではしご酒。

先々週某日は平日休みを頂いたので、お昼くらいまでは部屋の掃除や片付けをして、15時すぎごろから、葛飾区の立石に呑みに行きました。

いま住んでいる所はJR亀有駅の近くで、立石は京成押上線。電車で行くと非常に面倒ですが、実は駅前からバスが出ているのです。帰りのバスが早めなので、遅くまでは呑んでいられませんが、今日は時間も早いですし問題無しです。


「宇ち多゛(うちだ)」で絶品もつ焼き。

バスを降りて立石仲見世商店街へ。
立石といえばこの店。もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」。

宇ち多゛

食べログ宇ち多゛

とても美味しいお店なのですが、平日は20時ごろまで、土曜は午前中から行列、日曜はお休み、といったなかなか訪問しづらいお店です。
なのでほぼ2年ぶりの訪問。独特の注文方法も忘れてしまいました。

店内のメニューには「もつ焼き」としか書いておらず、何の種類があるのか、事前に予習しておかなければいけません。
また、味付け、焼き具合なども細かく選択肢があり、ラーメン二郎など比較にならないほどの高度な呪文が飛び交います。

f:id:hvp:20170605135759j:image

まずは「タン生」と、名物の焼酎の梅割りを注文。
生といっても本当の生ではなく茹でてありますのでご安心を。もっとレアなものが欲しい時は「赤い所」と頼むそうです。

f:id:hvp:20170605135717j:image

f:id:hvp:20170605135730j:image

続いて「レバ塩」「シロタレ」「テッポウ生」、梅割りお代わりを注文。テッポウは平日のみの希少部位だそうです。

f:id:hvp:20170605135830j:image

f:id:hvp:20170605135840j:image

f:id:hvp:20170605135849j:image

4皿とお酒2杯で1200円。
4度ほど訪問してますが、いまだに店員さんと常連さんの気迫に圧倒されてしまいます…。経験有るのみ。

「栄寿司」で立ち食い寿司。

続いては、向かいにある「栄寿司」へ。
ここは立ち食いのお寿司屋さんです。
ここは夕方早めには閉まってしまうようですが、この日は運が良いです。

栄寿司

食べログ栄寿司

f:id:hvp:20170605140127j:image

「にぎり盛り合わせ」1100円とビールを注文。
サーモン、しめ鯵、まぐろ、鯛、カンパチ、タコあたま、いわし、玉子、煮イカ、煮ホタテ。鮮度も良く、シャリもふんわりしていて美味しいです。

f:id:hvp:20170605140221j:image

f:id:hvp:20170605140233j:image
ちなみに今回はセットで1個ずつしたが、単品での注文は2個ずつ(メニューは1個の値段)で提供されます。

お飲み物はお茶とビールのみです。
お椀(アラ汁)も有りますが、この日は売り切れ。
日本酒と一緒に頂きたくも思ったのですが、立ち食い寿司ですから、長居は禁物ですね。


「蘭州」で水餃子。

最後は駅の反対側の「餃子の店 蘭州」へ。

r.gnavi.co.jp

まずは烏龍茶玉子、老龍口(ラオロンコウ)を注文。老龍口は中国の白酒(バイジュウ)です。
二つとも他にあまり無いので、ここに来るといつも注文して、餃子が出来上がるのを待ちます。

f:id:hvp:20170605140449j:image

f:id:hvp:20170605140538j:image

最後のメニューは、水餃子のパクチーのせ。
ここの水餃子は皮がしっかりとしていながらモチモチな食感で、自分の知る限り最高の水餃子です!

f:id:hvp:20170605140631j:image

僕が初めて食べたのは14年ほど前。それから年1〜2回ほどのペースで食べに来ています。
今も変わらない味。こういうお店がずっとあるといいですねぇ。

f:id:hvp:20170605140350j:image