目と舌の記録

見たり食べたり飲んだりした記録です。

堀切菖蒲園で憩う。

6月は梅雨が憂鬱になりがちですが、この季節ならではの花を観に行く楽しみもありますね。
先日の6月11日は「堀切菖蒲園」に菖蒲を観に行きました。

堀切菖蒲園」で菖蒲鑑賞。

堀切菖蒲園は先日の立石と同じく京成線にあるのですが、やはりここはバスを使った方が便利です。亀有の自宅から、隣駅の綾瀬まで常磐線、そこから新小岩行きの路線バスに乗ります。

堀切菖蒲園駅」バス停で降り、そこから10分ちょっと歩きます。向かう途中の路地にも紫陽花が咲いていたりして、良い雰囲気です。

堀切菖蒲園の歴史は古く、歌川広重の「名所江戸百景」にも描かれてるそうです。

f:id:hvp:20170622135117j:image

f:id:hvp:20170622135131j:image

f:id:hvp:20170622135137j:image

いわゆる普通の公園よりもこじんまりしてますし、まわりに首都高やマンションが林立していて開放的ではないですが、花菖蒲は種類が豊富でたいへん見応えがあります。

 

哈爾濱餃子へ。

さて、菖蒲をじっくり鑑賞した後は、これからが本番(笑)。飲み歩き開始です。

まず1軒目は「哈爾濱(ハルビン)餃子」。

哈爾濱餃子

食べログ哈爾濱餃子

トマト水餃子と、中国白酒の景芝白乾(ケイシバイカン)。
餃子は皮が手作りで、モチモチして厚めで食べ応えがあり、その中からジューシーなトマトの汁が溢れてきます。

f:id:hvp:20170622135304j:imagef:id:hvp:20170622135305j:image

 

「きよし」でマグロブツ。

二軒目は「きよし」へ。

r.gnavi.co.jp


マグロブツが絶品です。

f:id:hvp:20170622140510j:image

つづいてアジフライ。鮮度バツグンです。

f:id:hvp:20170622140549j:image

あこう鯛の粕漬け。驚異の280円。

f:id:hvp:20170622140714j:image

イカスミ。イカスミで味付けしたアタリメ。甘くて美味しいです。

f:id:hvp:20170622140824j:image

このお店、どれも安くて美味しいのですが、少人数で切り盛りしてるせいか、フードの提供が滞りがちです。「ドリンクのみの受付となります」となる時もあります。
なので混雑しない時間帯に立ち寄りたいものですね。

f:id:hvp:20170622140853j:image

 

「小島屋」で焼酎ハイボール

つづいては「小島屋」へ。

www.hotpepper.jp
ここは焼酎ハイボールの元祖のお店だそうです。
元祖の由縁は、焼酎ハイボールに使われる「天羽の梅」を最初に取り扱ったお店だからだそうですね。
基本的に焼酎は苦手なので、あまり頼まないのですが、ここの焼酎ハイボールは喉越しがとにかく良いです。薄めですが炭酸が強く、3杯も頂いてしまいました。栃尾の油揚げと共に。

f:id:hvp:20170622141145j:image

f:id:hvp:20170622141226j:image

 

「タカノ」でシメ。

最後は中華屋「タカノ」でシメのラーメン。

タカノ

食べログタカノ


なんと350円!
昔懐かしい味でホッとします。
しかも24時間営業だそうです。

f:id:hvp:20170622141732j:image

f:id:hvp:20170622141820j:image

テレビの情報番組などの下町特集では、赤羽や立石などがよく取り上げられますが、この堀切菖蒲園もなかなか良い雰囲気です。
個人的「推し下町」のひとつです。