目と舌の記録

見たり食べたり飲んだりした記録です。

最近は新潟に夢中です。(1/7)

旅行は好きなのですが、最近は新潟によく行ってます。この約半年ほどの間で3回新潟を訪れました。

新潟はむかし、鉄道旅行で全県訪問を目指した時に村上の瀬波温泉を訪れ、それからしばらく行くことはなかったのですが、新潟のご当地アイドルのNegiccoさんを知ってから、実際に現地でライブを観たり、PRしてる現地のスポットを訪れてみるようになりました。

Negiccoさんご本人達の魅力に関しては、また別の機会にお話しするとして、今回から7回に分けて、最近の新潟旅行について書きたいと思います。

まずは5月の旅行記から。

まずは春の5月13日〜14日。
この期間は新潟市の繁華街、古町通り商店街の「古町どんどん」に参加するとのことで、観に行ってきました。

この「古町どんどん」は毎年5月と10月に行われるイベントで、その中で開催される「古町音楽祭」で2005年にNegiccoさんはグランプリに輝き、それ以来毎回、このイベントに参加してるのだそうです。
その地元で活躍する姿を是非とも観たい!
そう思って去年の5月に初訪問し、今年もまた赴いた次第です。

去年は越後湯沢まで高速バス→現美新幹線で行きましたが、今年はあえて距離感を体感するため、在来線が二日間乗り放題の「週末パス」を利用し、往路は在来線で現地に向かい、復路は流石に疲れてるので特急券を追加し、新幹線で帰ることにしました。

在来線で北へ。

朝5:39に最寄駅。上野周りで高崎線高崎駅で「朝がゆ弁当」。早めに売り切れてしまうそうですが、運良く買えました。

f:id:hvp:20171106132231j:image

ひたすら上越線土合駅あたりから電波も通じません。

途中下車して宮内「いち井」へ。

長岡の手前の宮内駅で下車。この駅には、食べログの新潟のラーメン部門で一位(ダジャレじゃないです)に輝いた店があるとのことです。
それがこの「いち井」。塩ラーメンに、海老ワンタンと岩海苔のトッピング。トロミのあるアゴ出汁のスープと、食感や弾力が程よい麺。チャーシューもホロホロです。

f:id:hvp:20171106132418j:image

ラーメンを食べてるというより、ラーメンの形をした高級料理を、ラーメンの価格で食べてる感じでした…。


これを食べるために途中下車し、そこから次の電車まで2時間半待ちになってしまいましたが、後悔はまったくしてません。

新潟に到着。

15時ごろにようやく新潟駅に到着。途中下車を含めなくても、実質9時間の長旅でした。
まずは宿にチェックイン。
沼垂(ぬったり)のゲストハウス「なり」。古民家を改装した雰囲気の良いお宿です。

f:id:hvp:20171106133121j:image

荷物を置いて、宿のかたに勧めていただいた沼垂テラス商店街を散策。
レトロな商店街の店舗を再活用して、美容室やカフェ、古本屋や家具屋など、若い世代向けのお洒落な店が立ち並んでいました。

f:id:hvp:20171106133335j:image

f:id:hvp:20171106133418j:image

f:id:hvp:20171106133528j:image

 

夜は古町通りの「風薫る」で呑む。
旬のそら豆、ノドグロ塩焼き、栃尾の油揚げエチゴビールなどを頂きました。
どれも素材の味が際立っていて美味しいです。

f:id:hvp:20171106133740j:image

f:id:hvp:20171106133948j:image

f:id:hvp:20171106134004j:image

f:id:hvp:20171106134017j:image

沼垂の宿に戻り、長旅の疲れを翌日に持ち越さぬよう、たっぷり就寝。
次回は二日目の様子です。